2013年09月10日(火)

Animelo Summer Live 2013
第1日目イベントレポート
「茅原、アリプロ……歌姫たちの饗宴」

Animelo Summer Live 2013 -FLAG NINE-
第1日目イベントレポート

 

 
夏の大型アニソンイベント「Animelo summer live」、通称「アニサマ」も今年で9回目を数える。2011年から上海公演を行ったり、2012年に出演メンバーの顔ぶれを変えたりとここ数年新しい試みを続けてきているアニサマだが、今年はこれまでの2daysに代わり、アニサマ史上はじめての3days公演となった。
bonetでは、テーマに「FLAG NINE」という「風に向かって立つ、存在の証明であり、人が集い、導くための目印であり、新たな展開を示す合図〈フラグ〉」を掲げて新生した「Animelo Summer Live 2013 -FLAG NINE-」の模様を、全日程に渡ってレポートする。
 

anisama_logo

第1日目は、すでに7回目の登場とアニサマの顔の一人である茅原実里、今やトップアイドルであるももいろクローバーZ、今年放映のTVアニメ『ラブライブ!』以来ブレイク中のμ’s、そして中川翔子、串田アキラ、FLOW、May’nなど実力派揃いのステージとなった。
 
開幕前には、鷲崎健と浅野真澄のコンビによるテンポの良い前説や、場内BGMで流れていたQueenの名曲「We Will Rock You」の大合唱などにより、会場のテンションは徐々に上がっていく。出演者の紹介もこれまでとは異なり、オリジナルアニメーションにアーティスト名が登場するという趣向が凝らされ、ここにも新しい試みが垣間見られた。

 
オープニングでは、茅原実里と宝野アリカがオーケストラを従え純白のドレスで登場。茅原実里の「Celestial Dive」をコラボで歌い上げる。3daysの幕開けにふさわしい美しい歌声と重厚な伴奏が会場を満たしていく。
 
続いては「行くぜっ!怪盗少女」のBGMと共にももいろクローバーZが登場。会場はアーティスト名にちなんだピンク一色に染め上げられる。『美少女戦士セーラームーン』のオープニングである「ムーンライト伝説」を皮切りに、「サラバ、愛しき悲しみたちよ」「猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」」とお馴染みのナンバーが、より一層会場を盛り上げていく。

 
次のステージは「アイドルマスター」シリーズの中でも2011年から運営開始されたソーシャルゲーム『アイドルマスター シンデレラガールズ』からの派生ユニット「アイドルマスター シンデレラガールズ」をはじめ、Ray、ChouCho、三澤紗千春、ZAQ、earthmindと美しい歌姫たちが、今年ヒットしたアニソンを歌い上げた。

通常より長く感じられるブレイクの後に響き渡った、会場を一気にハイテンションへと誘うギターサウンド。沸き上がる歓声の中、中川翔子が『天元突破グレンラガン』のオープニングテーマ「空色デイズ」を熱唱する。「燃えろアニサマ!」「回して! 回して! どんどん速く、もっと強く! お前のドリルで天を突け!」「跳べ! 跳べ!」「銀河の果てまであの世まで!」と、作中の台詞にアニサマ向けにアレンジした煽りに、観客もウルトラオレンジを振り応える。
間髪いれず『聖闘士聖矢Ω』のオープニングテーマ「ペガサス幻想 ver.Ω」が流れると、ここで初日のシークレットゲストであるNoBが登場。NoB&中川翔子の力強い歌声で紡がれたこの曲は、往年のファンをも唸らせる「燃え」が体現されていた。
ここで中川翔子が退場し、NoBによる「轟轟戦隊ボウケンジャー」へと続く。ステージ上で所狭しとマイクスタンドパフォーマンスを行うNoBの姿が強く目を引いた。
 
続いての登場は串田アキラ。自身も本人役で映画出演しているTVアニメ『トリコ』のオープニング2曲をメドレーで熱く歌い上げる。MCの後には往年の名曲「宇宙刑事ギャバン」を披露。若い年代の観客が多いアニサマ会場だが、会場一体となり「宇宙刑事ギャバン」を合唱する様を見て、良いものは色あせないと改めて実感させられる。
串田アキラの「何だこの音楽は! 何だお前ら!?」との呼びかけから登場したのは、キン肉マンのコスプレをしたももいろクローバーZのメンバー。お約束の寸劇から、串田アキラの代表曲である「キン肉マンGo Fight!」をコラボ。このコミカルな演出に会場も沸きに沸いた。
 
休憩前のトリを務めたのがアニサマ初参加のFLOW。「行くぞアニサマ!」の掛け声と共に、パーカッションの音が響き軽快なサウンドへと繋がっていく。透明感のあるボーカルから紡ぎ出される『交響詩篇エウレカセブン』オープニングテーマ「DAYS」。今までの出演アーティストとは異なる疾走感のあるテンポがとても心地良い。
MCをはさみ、劇場版『ドラゴンボールZ 神と神』主題歌「CHA-LA HEAD-CHA-LA」、TVアニメ『NARUTO-ナルト-』オープニングテーマ「GO!!!」の計3曲が歌い上げられる。「CHA-LA HEAD-CHA-LA」「GO!!!」では観客にも合いの手や合唱、ウェーブが求められ、身も心も一体感を感じられるステージ演出となっていた。
 
休憩時間が終了する合図のように会場のBGMが消えた。次の瞬間流れた音に会場が轟く。TVアニメ『ラブライブ!』からμ’sによるオープニングテーマ「僕らは今のなかで」。バックに映し出されるPVとリアルメンバーたちのダンスが見事にシンクロする。

MCでのメンバー紹介や、各メンバーのコールアンドレスポンスの後、アニメ最終話で流れた9人verの「START:DASH!!」でも、これまたバックに該当シーンが流れる。TVアニメファンなら感涙ものの映像とライブパフォーマンスを披露しステージを後にした。去年のアニサマ初出場時にはまだ認知度も低く、メンバー紹介もなし、曲数も1曲のみだったことが嘘のような盛り上がりだった。
 
続いては、きみコのアカペラから始まったnano.RIPEの「影踏み」(劇場アニメ『花咲くいろは HOME SWEET HOME』の主題歌)、「リアルワールド」(TVアニメ『人類は衰退しました』オープニングテーマ)、藤田麻衣子、鈴木このみ、鈴木このみn’キバオブアキバfeat.ZAQと、後半戦も息もつかせぬラインナップが続く。


 
 
残るアーティストもあとわずか。
ここで登場したのがミルキィホームズの4人。お馴染みの探偵服で、現在放送中のTVアニメ『ふたりはミルキィホームズ』オープニングテーマ「ぐろーりーぐろーいん☆DAYS」で会場を盛り上げる。MCという名の小芝居を挟み、ミルキィホームズでは定番の1曲である「正解はひとつ!じゃない!!」(TVアニメ『探偵オペラ ミルキィホームズ』オープニングテーマ)で会場はクライマックスに向けて加速していった。
 
ミルキィホームズのステージが終わったと同時に流れ出す妖しげな弦楽器の音色。「禁じられた遊び」のミュージックと共に満を持して登場したのがALI PROJECTだ。純白のソファーに横たわったまま本曲を歌い上げるという斬新な演出には、会場も度肝を抜かれた。さらに「聖少女領域」、ライブでは初披露となる「私の薔薇を喰みなさい」と、TVアニメ『ローゼンメイデン』シリーズ全3作のオープニングテーマを続けざまに披露した。

次のアーティストの出番を今か今かと待ちわびるオーディエンスの気持ちを落ち着けるように爽快な音楽がステージ間を繋ぐ。そこへ「アニサマー、カモン!」という掛け声とともに満を持して登場したのがMay’n。ライブ映えする「ViViD」(TVアニメ『ブラッドラッド』オープニングテーマ)をノリノリで歌うと会場もそれに応える。「今年も思い出は皆と一緒で作るもの」「ここにいる、全員で、皆で一緒に最高の夏の思い出を作っていきましょう」といった力強いMCに続く2曲目は、TVアニメ『BTOOOM!』エンディングテーマである「アオゾラ」。まるで夏の終わりを惜しむかのようにしっとりと歌い上げられる。
May’nのラストは、マクロス30周年記念の今年にふさわしい「射手座☆午後九時Don’t be late」。「皆、まだまだパワー残ってるの」「そんなもんじゃないよね」「もっともっと声出せんの」「腕振れんの」「飛んでけるの」という攻撃的な煽りに、会場はクライマックス状態。オーディエンスからの「もってっけー!」コールで会場が揺れる。May’nがアニサマで『マクロスF』の曲を歌うことは珍しく、今回参加できたことは本当に幸運だったと感じた。
 
そして、初日のトリを飾るのは茅原実里。TVアニメ『翠星のガルガンティア』オープニングテーマ「この世界は僕らを待っていた」、PS3のゲーム『ディスガイア D2』オープニングテーマ「CRADLE OVER」、そして10月から放映開始するTVアニメ『境界の彼方』オープニングテーマ「境界の彼方」を披露。
「ラスト一緒に燃え尽きようぜ!」の掛け声と共に、初日のラスト曲となる「TERMINATED」へと雪崩れ込む。ステージ上は観客の興奮を体現するように、炎が巻き上がる演出で彩られ続けた。
 
エンディングは、恒例である出演者全員によるテーマソングの合唱、各出演者からのコメントで締めくくられた。夢のような3日間の幕開けにふさわしいステージだったと断言できる1日であった。
 

 

Animelo Summer Live 2013 -FLAG NINE- 8月23日(金)セットリスト

01 Celestial Diva / 茅原実里 & 宝野アリカ
02 ムーンライト伝説 / ももいろクローバーZ
03 サラバ、愛しき悲しみたちよ / ももいろクローバーZ
04 猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」 / ももいろクローバーZ
05 お願い!シンデレラ / アイドルマスターシンデレラガールズ
06 輝く世界の魔法 / アイドルマスターシンデレラガールズ
07 Recall / Ray
08 楽園PROJECT / Ray
09 DreamRiser / ChouCho
10 telepath~光の塔~ / 三澤紗千香
11 リンクス / 三澤紗千香
12 激情論 ~ MASANIANISAMA / ZAQ
13 Sparkling Daydream / ZAQ
14 ENERGY / earthmind
15 空色デイズ / 中川翔子
16 ペガサス幻想 ver.Ω / 中川翔子 & NoB
17 轟轟戦隊ボウケンジャー / NoB
18 豪食マイウェイ!! ~ ガツガツ!! / 串田アキラ
19 宇宙刑事ギャバン / 串田アキラ
20 キン肉マンGo Fight! / 串田アキラ & ももいろクローバーZ
21 DAYS / FLOW
22 CHA-LA HEAD-CHA-LA / FLOW
23 GO!!! / FLOW
24 僕らは今のなかで / μ’s
25 START:DASH!! / μ’s
26 影踏み / nano.RIPE
27 リアルワールド / nano.RIPE
28 ねぇ / 藤田麻衣子
29 DAYS of DASH / 鈴木このみ
30 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い / 鈴木このみ n’ キバオブアキバ feat. ZAQ
31 ぐろーりーぐろーいん☆DAYS / ミルキィホームズ
32 正解はひとつ!じゃない!! / ミルキィホームズ
33 禁じられた遊び / ALI PROJECT
34 聖少女領域 / ALI PROJECT
35 私の薔薇を喰みなさい / ALI PROJECT
36 ViViD / May’n
37 アオゾラ / May’n
38 射手座☆午後九時Don’t be late / May’n
39 この世界は僕らを待っていた / 茅原実里
40 CRADLE OVER / 茅原実里
41 境界の彼方 / 茅原実里
42 TERMINATED / 茅原実里
EN The Galaxy Express 999 / アニサマ2013出演アーティスト