2013年09月11日(水)

Animelo Summer Live 2013
第2日目イベントレポート
「声優ユニット大乱舞」

Animelo Summer Live 2013 -FLAG NINE-
第2日目イベントレポート

 

 
夏の大型アニソンイベント「Animelo summer live」、通称「アニサマ」も今年で9回目を数える。2011年から上海公演を行ったり、2012年に出演メンバーの顔ぶれを変えたりとここ数年新しい試みを続けてきているアニサマだが、今年はこれまでの2daysに代わり、アニサマ史上はじめての3days公演となった。
bonetでは、テーマに「FLAG NINE」という「風に向かって立つ、存在の証明であり、人が集い、導くための目印であり、新たな展開を示す合図〈フラグ〉」を掲げて新生した「Animelo Summer Live 2013 -FLAG NINE-」の模様を、全日程に渡ってレポートする。
 

anisama_logo

新しい試みのひとつであるオープニングアニメーションの2日目は、1日目とはまた世界観が異なる、研究施設での武装集団との銃撃戦。映像の中に出演者の名前が映し出される度に、会場からは歓声が上がりライブの始まりに向けてボルテージが高まっていく。
 
オープニングを飾ったのはangelaとZweiのコラボによる「バリバリ最強NO.1」。KATSU(angela)のギターとMegu(Zwei)のベースがアニサマバンドと共に披露するパワフルな伴奏に乗せて、耳馴染みの良いキャッチーなメロディをボーカルのatsuko(angela)とAyumu(Zwei)が歌い上げる。この日のアニサマも大歓声の中で始まった。
angela_Zwei

オープニングの盛り上がりが冷めやらぬままトップバッターのfripSideが登場すると、会場は一気にウルトラオレンジの光に包まれた。『とある科学の超電磁砲』のキャラクターであるミカサ妹に扮したダンサーたちと共に1曲目の演奏を終えると、続く「LEVEL5-judgement-」と「Only my railgun」のメドレーではラッパーのmotsuが加わった。人気曲のメドレーにmotsuの小気味良いラップが乗り、興奮が煽られていく。
fripside

次の上坂すみれのステージでは、今度は会場が上坂の「ロシア・ソ連好き」に合わせて赤色に染まった。ロシア・アヴァンギャルド風の映像をバックに、弾倉を巻きつけたロリータ服に身を包み銃を携え登場するという上坂の趣味を全開にした演出で「七つの海より君の海」を歌い、短い時間の中で彼女の世界観を存分に見せつけた。
uesaka

蟹の被り物姿であいう?らぶが現れると、会場を包む赤色は「ソ連の赤」から「蟹の赤」へと意味が変わり、「カニカニカニカニカニ!」というコールが会場中から上がる。続いて会場を沸かせたアイフィリア・サーガの「ネプチューヌ☆サガして」まで含めて、上坂からアフィリアまでで「人魚→カニ→ネプチューン(海神)」という「海もの」の流れを意識したセットリストだったのかもしれない。
aiura_saga

キュートな女性声優とアイドルたちによるステージの後は、GeroとZweiが激しいギターサウンドをバックに観客のテンションを上げていく。「こんな名前ですけど、みなさんと一緒に盛り上がってもいいですか?」と洒落っ気を見せながら力強い声で「BELOVE×SURVIVOR」を歌い上げたGero、「純情スペクトラ」の演奏の後「アニサマわっしょい!」というコール&レスポンスで会場をまとめ上げたZweiと共に、着実に会場の熱気を高めていく。
zwei_gero

mamegu中島愛はTVアニメ『琴浦さん』のオープニングテーマ「そんなこと裏のまた裏話でしょ?」を歌うと、会場からかかった「こしこし」コールと夢だったというアニサマ出演を果たせた喜びを語る。5年間の声優歌手活動への感謝を込め、TVアニメ『たまゆら~もあぐれっしぶ~』のEDテーマ「ありがとう」を歌い終わった後は、少し涙ぐむ様子を浮かべながらもう一度「ありがとう」と言いステージを後にした。
 
優艶な曲調の「Overfly」で登場した春奈るなは、2曲目「アイヲウタエ」になると今度はアップテンポの伴奏に歌声を乗せる。自身の歌声の持つ様々な表情を思う存分に見せつけたステージに、客席は魅了され突き動かされていく。
haruna

大御所歌手である山本正之は、なんと七森中☆ごらく部とともに「逆転一発マン」を歌う。異色のコラボに観客が驚いているところで、さらなる共演相手としてアフィリア・サーガが呼ばれ会場は騒然。1日目の串田アキラとももいろクローバーZの「キン肉マン」でのコラボといい、ときに世代差を大きく超えたコラボが起こるのもアニサマの魅力だろう。往年の名歌手の歌声とフレッシュな女性グループの歌声が混ざり合い、若いアニソンファンと古参のアニソンファンが一体となる瞬間だった。
masayuki

 
tpistonz驚愕のコラボの後は、T-Pistonz+KMCが大勢のキッズダンサーと共に『イナズマイレブン』シリーズの主題歌を演奏し、オーディエンスを躍らせる。「がんばリーヨ!」という『イナイレ』お馴染みの合言葉が会場中に響き渡った。
 
人気声優・鈴木達央がボーカルを務めるOLDCODEXは「カタルリズム」で声援を浴びた後、『Free!』のオープニングテーマ「Rage on」で会場を加熱させる。骨太なバンドサウンドと声優ならではの歌唱パフォーマンスに、女性ファンも男性ファンもサイリウムを握る手を突き上げた。
oldco

aimasuアイドルマスターミリオンスターズは、ユニットとしてはアニサマ初参戦だ。これまで数々のアニソンイベントを盛り上げてきた「THE IDOL M@STER」と「READY!!」で会場は熱狂の渦に包まれ、高らかに合いの手がかかる。「Thank you!!」で中島愛に続いてアニサマへの感謝を歌に込め、大声援の中ステージを去った。
 
kuribayashi第1回から「アニサマ皆勤賞」の栗林みな実は、「STRAIGHT JET」「Doubt the world」nの熱唱に続けてアニサマへの変わらぬ思い入れを語った後、「ZERO!!」で第1部を締めくくる。第1部のトリにふさわしい貫禄の歌唱だった。
 
ミス・モノクロームのコンサート映像などが流れた休憩時間の後、「僕じゃない」で登場したangelaは怒涛のメドレーを披露した。次々と歌われる人気曲に加え、「KINGS」では「ビッグバンジャンプ」「ビッグウェーブ」という歌詞に合わせて会場全体でジャンプやウェーブを行う演出で、熱狂の波を作り出した。
angela

gorakubu休憩で鎮まりかけたテンションがangelaの好演で蘇った中、七森中☆ごらく部が法被姿で登場し音頭風にアレンジされた「ゆりゆらららら大事件」を歌った。「『ゆるゆり』をこれからも応援してください!」と、ごらく部の活動はまだまだ続くことを思わせるMCに続き、「マジカル☆大☆大☆大冒険」でさらに観客のテンションを引っ張っていく。彼女たちもすでにアニサマへの参加は3回目となり、初々しかった2011年のステージからの成長を見せてくれる堂々たるステージだった。
 
saikickサイキックラバーは「Vanguard Fight」の演奏を終えると3年ぶりのアニサマ出演への喜びを叫び、観客も快哉で応える。再びステージに上りコラボを披露したT-Pistonz+KMCと共に、アニサマのステージへの強い思い入れを聞かせてくれた。
 
藍井エイルはステージ上に築かれた高台から登場。神秘的な歌姫という空気を纏いながら「AURORA」を歌うと、2曲目の「INNOCENCE」では一転観客を煽りたてる激しいパフォーマンスを見せる。彼女の持つ二面的なイメージの両方を表現しきる見事な歌唱だった。
aoi

annaシークレットゲストの土屋アンナが登場すると会場からは驚きの声が上がる。「rose」を歌い会場を見渡し、観客の多さに驚嘆した土屋はその熱気に負けじとばかりに「Switch on!」の熱唱でオーディエンスに応えた。
 
積極的に会場を引っ張っていくLiSAのMCはこの日も絶好調だった。「crossing field」を歌いながら「アニサマ、こんなもんじゃないよね?」とさらなる熱狂を煽る。続く「traumerei」で観客の躍動を引き出し、最後はお馴染みの「Crow Song」できっちりと自身のステージをキメた。
lisa

クライマックスに向けて最高の気運が作り上げられたところで、大トリのGRANRODEOが登場した。
「偏愛の輪舞曲」「DARK SHAME」で飯塚昌明の華麗なギター演奏が、そしてボーカルを務める声優・谷山紀章のダイナミックな歌唱が炸裂する。MCの時間になると谷山お得意の洒脱なトークで「GRANRODEOの空気」を作りつつ、アニサマの大詰めに向けて観客の期待を高めていく。昨年に続き人気曲「CAN Do」を披露し、いよいよアニサマ2日目ラストの曲「Go for it!」。「3日目のための体力温存なんかさせてやんねーぞ!」という谷山の言葉を実行するかのように、曲中のコールに会場全体を巻き込んでいく。
27000人の「IGPX!」コールを浴びながら、最高のパフォーマンスでアニサマ2日目を締めくくった。granrodeo

 

Animelo Summer Live 2013 -FLAG NINE- 8月24日(土)セットリスト

01 バリバリ最強NO.1 / angela & Zwei
02 sister’s noise / fripSide
03 LEVEL5-judgelight- ~ only my railgun / fripSide feat. motsu
04 七つの海よりキミの海 / 上坂すみれ
05 カニ☆Do-Luck! / あいう?らぶ
06 ネプテューヌ☆サガして / アフィリア・サーガ
07 BELOVED×SURVIVAL / Gero
08 純情スペクトラ / Zwei
09 そんなこと裏のまた裏話でしょ? / 中島 愛
10 ありがとう / 中島 愛
11 Overfly / 春奈るな
12 アイヲウタエ / 春奈るな
13 逆転イッパツマン / 山本正之 & 七森中☆ごらく部
14 ヤッターマンの歌 / 山本正之 & 七森中☆ごらく部 & アフィリア・サーガ
15 ガチで勝とうゼッ! ~ マジで感謝! / T-Pistonz+KMC
16 カタルリズム / OLDCODEX
17 Rage on / OLDCODEX
18 THE IDOLM@STER ~ READY!! / アイドルマスターミリオンスターズ
19 Thank You! / アイドルマスターミリオンスターズ
20 STRAIGHT JET / 栗林みな実
21 Doubt the World / 栗林みな実
22 ZERO!! / 栗林みな実
23 僕じゃない / angela
24 明日へのbrilliant road ~ Beautiful fighter ~ gravitation ~ 蒼い春 ~ Shangri-La / angela
25 KINGS / angela
26 ゆりゆららららゆるゆり大事件 お祭りVer. / 七森中☆ごらく部
27 マジカル大☆大☆大冒険! / 七森中☆ごらく部
28 Vanguard Fight / サイキックラバー
29 侍戦隊シンケンジャー / サイキックラバー
30 特捜戦隊デカレンジャー / サイキックラバー & T-Pistonz+KMC
31 AURORA / 藍井エイル
32 INNOCENCE / 藍井エイル
33 rose / 土屋アンナ
34 Switch On! / 土屋アンナ
35 crossing field / LiSA
36 traumerei / LiSA
37 Crow Song / LiSA
38 偏愛の輪舞曲 / GRANRODEO
39 DARK SHAME / GRANRODEO
40 Can Do / GRANRODEO
41 Go For It! / GRANRODEO
EN The Galaxy Express 999 / アニサマ2013出演アーティスト